人を愛することは、人を愛することと同じではありません。

愛と愛

多くの人が同じ気持ちだと思っていますが、 愛することは人を愛することと同じではありません。 人と恋に落ちるということになると、彼らは同じ段階の一部ですが、欲求の感覚は、他の人を愛するという事実に先行します。

次の記事で私達はあなたに話すつもりです XNUMXつの感情の違い そしてそれらのそれぞれの特徴。

愛することと欲することの違いは何ですか

愛することと欲することの用語は、私たちの日常生活で非常に頻繁に使用されます。。 それは、カップルの前、家族の前、または友人のために使われる感情についてです。 欲しがる場合、それは愛の瞬間に先行する感情です。 時間の経過とともに、この感覚は愛に達するまでほとんどまたはほとんど進化しません。

誰かをとても願う以上のことは望んでいません。 これは非常に強くて強烈な感覚であり、一時的または長続きする可能性があります。 愛の場合、それはある人が別の人に加わったり、束縛したりする感覚です。 他の人と親密になることができると、前述の愛情が強く現れます。

真実の恋

欲望と愛情についてのいくつかの考察

  • 誰かや何かを愛するという気持ちは、常に何かを欲するという行為と関連しています。 愛の場合、その人はそのようなタイプの成熟に達しており、欲求が愛の行為に変換または進化するので、そのような欲求またはいかなるタイプの必要性もありません。
  • 愛はそれを内面で感じることになると時間が必要ですが、欲しがる場合、時間は不可欠な要素ではありません。 あなたは通常、あなたのパートナーまたはあなた自身の家族であるかもしれない人と親密になった後に愛するようになります。 欲求は人生のいつでも起こる可能性があり、それを感じることになるとあなたは親密である必要はありません。
  • 人への真の愛を感じるために、 感情的なレベルで真の成熟に到達する必要があります。 誰かを愛する場合、あなたはどんな種類の成熟も必要とせず、あなたは関係の中でいつでもそれを感じることができます。
  • 愛は常に他の人との一連の人生のプロジェクトがある何かにリンクされています。 欲求の場合は、相手とのつながりや結びつきは必要ありません。 あなたがすでに他の人を愛し始めているので、特定の関係に存在するさまざまなプロジェクトやアイデアが発生します。 特定の関係を確立するとき、欲求は十分ではありません。

結局のところ、人を愛することは、人を愛することとまったく同じではありません。 それらは人と恋に落ちる段階に属しますが、XNUMXつのまったく異なる概念です。 愛することは愛することよりもはるかに深刻なことであり、それを感じることができるようになるには時間と成熟が必要です。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。