食べ過ぎると私たちの肌はどうなるのでしょうか?

食べ過ぎると皮膚が

これらのクリスマスの日付は過剰な食べ物を暗示しており、それが私たちの肌に反映されているのが見える可能性があるので、分析してみましょう 食べ過ぎると私たちの肌に何が起こるのか。 

重要なことは、特に甘いものに関しては、できる限り自分をコントロールするよう努めることと、それは特定のものではあるが、私たちに影響を与えるということを心に留めておくことです。したがって、これらの日付であっても、、満足してそれ以上食べないことが望ましいです。 そのためのコツも紹介します。

食べ過ぎると私たちの肌はどうなるのでしょうか?

これらのクリスマスのデートでは、食べすぎると肌に何が起こるのか疑問に思うことがあります。そして、私たちの肌は私たちが体に取り入れた栄養素を反映しています。必要なものを食べるときはすべてうまくいきますが、栄養価の高い食べ物を食べなかったり、甘いもの、悪い脂肪、ジャンクフードを乱用したり、食べすぎたりすると、皮膚が荒れ始める可能性があります。 座瘡、酒さ、および/または早期老化がある。見た目はくすんでくすんで、たるみやシワが増えてしまいます。

正方形の顔のヘアカット

甘いものや脂肪がニキビの原因になることはよく知られていますが、おそらくそれらの作用がニキビの原因となっているのでしょう。 私たちの肌は遺伝的に必要な速度よりも早く老化します もしかしたらあまり知られていないかもしれません。

そして、これはおそらく私たちが気付かないうちに私たちに最も影響を与える可能性のある部分です。この早期老化は、体内のグルコースの増加によりコラーゲンやエラスチンが結合することで起こり、これが糖化と呼ばれるものです。 糖化は細胞の炎症、酸化、劣化を引き起こします。 これらすべてがたるみやシワの原因となります。

この現象 特に精製された砂糖や高カロリー甘味料で起こります。 これらは、スナック、ソフトドリンク、シリアル、ソース、工業用パン、ローストコーヒー、小麦粉、トーストしたパン、および加工食品全般に含まれています。その上、 甘いものだけでなく、塩辛い加工品も有害です。 それらを保存するための甘味料。

これらの製品 私たちの生活からそれらを根本的に排除する必要はありませんが、それらの摂取を時折に減らす必要があります。 そして、太陽がすでに沈み、私たちの体が一部の臓器の活動が低下する再生の瞬間が始まる夕方にはそれらを避けてください。これでいつまでも若々しい顔を実現できます。

食べ過ぎた場合、肌のために何をすべきでしょうか?昼食や夕食が豊富なこの時期に、どうすれば食べ過ぎを避けることができるでしょうか。

ビジネスランチやディナー、友人と、パートナーの友人と、受講したコースの友人と、クリスマスイブ、クリスマス、大晦日、大晦日、三人の王様... 家の外での連続した大量の食事、食事に加えて甘いもの、アルコールがあり、重大な障害がある 私たちの食生活の中で。これまで見てきたように、これは皮膚だけでなく、消化器系、免疫系、ひいては気分やエネルギーにも影響を与えます。

結婚式の料理

どうすればこの障害をコントロールできるでしょうか?

そうですね、食べ物や飲み物の量をコントロールするのが理想ですが、これは難しい場合もあります。食欲をそそる食べ物を目の前に並べられ、私たちの意志は弱まってしまいます。この状況を改善するためのいくつかのトリックを紹介します。まずはドリンクから、ワインを隣に置いても理想は コップ一杯の水を自由にご用意ください。 私たちは喉が渇くと水やワインを飲みますが、それは食事に合わせた特別な味わいのためです。そうすれば、 私たちはワインをあまり飲まなくても、飲酒に関しては満腹になります。

食べ物に関しては、各前菜を少しずつ試してシェアすることもできますが、それぞれのほんの一部だけです。すべて試したら、繰り返すことができるのはXNUMXつだけなので、それが私たちのお気に入りになり、その感覚が残ります最後の一口の。努力してみます パンを大量に消費しないようにする (パン、トーストなど)。最初のコースを選択します あまり強くないが豊かだ、あまり満腹にならず、重要なことを優先し、付け合わせを少し脇に置いて、XNUMX番目のコースを楽しむことができます。で デザートは何種類かシェアしていただくのがベストですが、 ただし、お一人様 XNUMX つのデザートの量に達しないでください。このようにして、満腹にならずにさまざまなデザートを試すことができます。

健康食品

残りのランチやディナーは…

食事が午後 6 時まで続いた場合、その日の理想的な行動は、夕食を抜くか、夕食にスープ XNUMX 杯とフレンチ オムレツまたはスクランブルエッグを食べることです。 お腹が空かないので無理はしないようにしましょう。 夕食であれば、その日の食事を次の日も同じように軽めにします(もちろん食べます)。飲めます レモンまたはリンゴ酢を入れた水を飲む それは私たちが消化し、重さを避けるのに役立ちます。


コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。