肌に悪影響を与える6つの食べ物

皮膚に有害な食べ物

肌に有害な食べ物があることをご存知ですか? 気づかないこともありますが、もちろん食事は常に毎日の大きな基盤であるため、私たちは自分が食べるものを適切に選択する方法を知らなければなりません。健康的な食事は常に健康と同義であり、これは内側と外側の両方に現れます。気分が優れないとき、皮膚は私たちに多くのメッセージを伝えてくれます。

しっかりケアしたいなら、クリームが主役の特定の習慣に注意を払うだけではありません。しかし 食べ物を通じて見た目を改善することができます。食べ物には毎日食べるべきものと、遠くからでも見ないほうがよいものがあります。以下にすべてをお伝えします。

肌に有害な食べ物:砂糖

砂糖はどんな食事からも可能な限り除去されるべきなので、これについて言及する必要はなかったと思います。誰もがおやつを必要としますが、一般的に言って、砂糖の摂取量は減らす方が良いです。その理由は、 砂糖は肌を弱める原因となります これは、コラーゲンとエラスチンの生成が少ないことに要約されます。そのため、しわは予想よりも早く現れます。

加工食品

加工食品

確かに、急いでいるときは通常、 加工食品。あなたが何であるかのために 新鮮ではないし、無限の添加物が入っているそのため、私たちが思っているほど健康ではありません。したがって、それらは皮膚に有害な他の食品になります。この場合、それらは循環系の問題を引き起こす可能性があり、一般的に肌の水分量が大幅に低下する可能性があります。

揚げ物

先ほどと同じように、 揚げ物も健康的な食事の一部ではありません。。それらは血液循環を損傷し、酸素が皮膚に正しく届かなくなるからです。その結果、あなたは次のことに気づくでしょう 肌に油分が多い そのため、ニキビや吹き出物が増えます。したがって、これらを予防するには、この種の食品を摂取しないで一定期間過ごすことをお勧めします。そうすれば、肌の質感が改善されるのがわかります。

赤肉

赤身肉

バランスの取れた方法で摂取したものは私たちが思っているほど私たちに害を及ぼさないことがわかっているので、週に1回摂取してもまったく害がないのは事実です。しかし、行き過ぎてしまうと、 赤身の肉は私たちの体と肌の両方にダメージを与える可能性があります。。通常、白身肉と同じ特性を持たないためです。したがって、これは毎日の食卓に載せることができますが、赤いものは脇に置いておく必要があります。皮膚の変化は待ってくれません。確かに、七面鳥、鶏肉、ウサギはどちらも、毎日のメニューにおいしい料理をもたらしてくれますし、完全に健康的でもあります。

ソーセージ

時々食べるソーセージを選ぶ場合は、例えば 85 ~ 90% 以上の鶏肉で作られているものを選ぶのが最善です。なぜなら、そうではないにしても、大多数が私たちに肉を提供しているかもしれないからです。 ナトリウムと飽和脂肪が多量に含まれている または硝酸塩。これらすべてが皮膚の炎症を引き起こす可能性があり、その結果、さまざまな赤みが見られます。しかし、私たちはコレステロールが増加し、心血管リスクも増加することを心の底では知っています。ですので、好みであれば、しっかりと肉が入っているものを選ぶと良いでしょう。

白パン

多くの人の食卓に欠かせないものの一つですが、白パンは精製された炭水化物であり、含まれる砂糖はあまり有益ではありません。 コラーゲンを破壊する 私たちの肌にふさわしい弾力性を得るために、私たちが非常に必要なもの。

持っているのがベストです 生鮮食品を使ったバランスの取れた食事、脂肪だけでなく糖分も含まれていません。このようにして体の内側と外側をケアすると、それが肌に反映されます。


コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。