小児および青年におけるクローン病

悲しみ

胃や腸で引き起こされる病気 それらはより頻繁になり、子供や青年の間で一般的になっています。 データは、毎年より多くの子供たちがこのタイプの病気に苦しんでいることを示しており、クローン病が最も顕著です。

消化器系に影響を与えるこのタイプの状態、 それは、小腸の最後の部分と大腸の始まりの強い炎症で構成されています。 次の記事では、このタイプの病気が子供や若者にどのように影響するか、そして親がそれに対して何をすべきかを示します。

子供のクローン病の原因

今日まで、子供がそのような腸の病気に苦しむことができる特定の原因はありません。 食生活や衛生習慣など、防御力の低下により子供がこのような病気を発症する原因となる可能性のあるさまざまな要因があります。 また、遺伝的原因や子供の家族歴が原因である可能性もあります。

クローン病がどのように現れるか

子供がクローン病にかかっていることを示す可能性のあるいくつかの症状があります。

  • 下痢は、このタイプの状態の最も一般的な症状のXNUMXつです。 この下痢が血液を伴う場合、結腸領域に炎症がある可能性が非常に高いです。 下痢の量が非常に多い場合、炎症が小腸で発生するのは正常です。
  • この病気の最も明らかな症状のもう一つ 腹部全体の痛みです。
  • 高熱状態。
  • を伴う食欲不振 大幅な体重減少。
  • エネルギーの欠如と倦怠感 一日中いつでも。
  • の外観 潰瘍および瘻。
  • 関節の問題 関節炎を引き起こすことができること。

クローン病

クローン病について両親ができること

残念ながら、それは一種の慢性疾患であり、治療法はありません。 子供は腸の病気で一生を生きなければなりません。 症状がはるかに軽度である他の時期と比較して、症状がより急性になる場合があります。 続く治療は、症状を軽減し、子供や若者が可能な限り正常な生活を送るのを助けるという目的を持っている必要があります。 食生活や特定の薬の服用の変更 彼らはクローン病を制御するのを助けることができます。

最終的には、 クローン病は、小児期よりも青年期に多く見られます。データはますます多くの子供たちがそのような病気に苦しんでいることを示していますが。 症状は大人でも子供でも同じです。 この状態が思春期に苦しんでいる場合、病気が若い人の正常な発達に悪影響を及ぼしてしまう可能性が非常に高いです。 専門家は、幼い頃から子供たちにそのような腸の状態を発症するのを防ぐための良い食習慣を植え付けることの重要性を指摘しています。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。