子供にとって最悪の食べ物は何ですか

パン屋-子供

親は子供の栄養に重要な役割を与える必要があります。 子供は小さいので、食べることに関しては適切な習慣に従うのは良いことです。 彼らは自分の体にとって何が健康で何が有害であるかを常に意識していなければなりません。

次の記事では、 完全に有害で、子供たちの健康に有害な食品。

ジュース

ジュースは糖分を多く含む炭水化物が豊富な食品です ブドウ糖や果糖のように。 ジュースを過剰に摂取すると、中期的に子供が糖尿病や体重の問題を発症する可能性があります。 ジュースの代わりとして、最良の選択肢は牛のミルクまたは水です。

コー​​ンフレーク

スーパーマーケットで見つかったシリアルの大部分は、 栄養価が低く、糖分が豊富です。 残念ながら、これまでに見られたことにもかかわらず、それは子供の朝食の主力製品です。 小さな子供たちにシリアルを提供する場合、最良の選択肢はオーツ麦です。 エネルギーに大きく貢献し、体に高品質の繊維を提供する食品です。

ココアパウダー

子供にとって最も人気があり、最も有害な食品のもうXNUMXつは、カカオパウダーです。 コップ一杯のミルクと可溶性カカオで朝食を食べない子供はまれです。 すでに上で見た製品と同様に、可溶性ココアは栄養素をほとんど提供せず、糖分を多く含んでいます。 最良の選択肢は、完全に脱脂された100%の純度のカカオを取ることです。

ペストリー

工業用ペストリー

工業用ペストリーほど子供に有害で悪い食品はほとんどありません。 トランス脂肪と単糖を多く含む製品です。 そのようなペストリーの過剰摂取は、子供にとって中長期的に深刻な健康問題につながる可能性があります。 果物や全粒粉ははるかに健康的であるため、それらを選ぶのが理想的です。

加工食品

これらの食品には多くの添加物が含まれており、トランス脂肪と塩分が豊富です。 そのため、このような製品は子供の日常の食事から排除し、野菜、魚、卵などの添加物を含まない天然成分から作られた自家製の料理を常に選ぶ必要があります。

要するに、これらは赤ちゃんや子供の食事に含まれてはならない食品の一部です。 いずれにせよ、野菜や野菜などの生鮮食品を使った自家製の食事を選ぶのが一番です。 親は常に子供への栄養の貢献を認識している必要があります。

良い正しい食事は子供が成長できるかどうかに依存します 健康的な方法で、健康上の問題なしに。 教育の中で、良い食習慣は子供が適切に食べることを可能にする重要な役割を果たすべきです。 子供たちが正しく食べることに慣れることで、何年にもわたって自分の健康に何が有害であるかを知ることができます。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。