別の時代へと導く文学ニュース

文学ニュース:謎の鍵とそれが開いたもの

今月は、これらXNUMXつの文学ノベルティを別の時代に旅します。 私たちはそれをやります XNUMX世紀とXNUMX世紀の作家 ルイーザ・メイ・オルコット、アン・ブロンテまたはフローラ・トンプソン、アンヌ・エベールと彼女の女性主人公のように。 あなたの物語を楽しむ準備はできましたか?

不思議な鍵とそれが開いたもの

著者:ルイザメイオルコット
翻訳:ミカエラ・バスケス・ラチャガ
出版社:Funambulista

愛は君臨しているようだ 貴族のリチャードとアリストレブリンの邸宅、牧歌的なイギリスの田舎にあります。 しかし、見知らぬ人の早すぎる訪問と、アリスが密かに聞いている夫との間に交換されたいくつかの言葉は、トレブリン家の静けさを永遠に変える不可解な悲劇の始まりです。 訪問者はどんな悲惨なニュースを持ってきましたか? なぜアリスは、赤ちゃんのリリアンの存在を和らげることさえできない肉体的および精神的な弱さの状態に陥るのですか? 数年後、トレブリン夫人とそのXNUMX代の娘に仕える青年、ポールの姿はどのようになっているのでしょうか。 そして、この楽しい短編小説にタイトルを与える不思議な鍵を開くものは何でしょうか?

最後のページまでサスペンスだらけ、謎の鍵とそれが開いたものは、作品の翻訳者であるミカエラ・バスケス・ラチャガの紹介で述べられているように、「XNUMX世紀のミステリーとロマンスの物語を楽しむすべての読者に間違いなくアピールする成分の組み合わせ、そしてルイーザ・メイ・オルコットの文学作品を高く評価し、彼女のよりゴシックで興味をそそる側面を知りたいと思っている人は誰でも」。

アグネスグレイ

アグネスグレイ

著者:アン・ブロンテ
翻訳:MenchuGutiérrez
出版社:アルバ

ガバネスになるのはなんて素晴らしいことでしょう。 世界に出て...自分の生計を立てて...若者に成熟するように教えてください!」 これがの夢です 控えめな牧師の娘、経済的および個人的な独立の理想、そして教育などの高貴な仕事への献身。 しかし、一度実現すると、この夢のキャラクターは悪夢のようなモンスターのように見えます:残忍な子供、陰謀と粗野な若い女の子、グロテスクな父親、意地悪で甘美な母親...そしてこのすべての中で若い夢想家は少し少なく扱われましたメイドのようより。

アン・ブロンテの最初の小説であるアグネス・グレイ(1847)は、自伝的経験に基づく不毛の啓示です。 ビクトリア朝のガヴァネスの不安定な地位、物質的および道徳的; そしてそれは同時に、愛と屈辱の親密でほとんど秘密の物語を構成し、「最も厳しい自己」と「最も脆弱な自己」は、ヒロイン自身が「暗い色合い」と定義するものの下で劇的な戦いを続けます下の世界、私自身の世界」。

ヘザーリー

ヘザーリー

著者:フローラ・トンプソン
翻訳:PabloGonzález-Nuevo
出版社:ブリキシート

「XNUMX世紀後半の暖かいXNUMX月の午後、ヘザーリーに向かう途中で女の子がハンプシャーの国境を越えていました。 彼女は茶色のウールのドレスとXNUMXつの小さなダチョウの羽でトリミングされたビーバーの毛皮の帽子を着ていました。 最新のカントリーウェア。»

その女の子はフローラ・トンプソン、フィクションのローラ、そして彼女が行く町、グレイショット、 フローラは1898年に郵便局のマネージャーとして定住しました。 不吉なハートフォード、彼女の雇用主はそこで彼女を待っています。 アーサーコナンドイルやジョージバーナードショーなどの著名なクライアント、地元の電信の常連ユーザー。 またはマダムリリーホワイトの軽薄なブティック(「帽子屋、仕立て屋、本の貸し出し」)。ここでは、ローラが時折新しい読書をする余裕があります。

謙虚な自転車の時代、最初のコダックの写真、スキャンダラスなサフラジェットの真っ只中で、ヘザーリーは穏やかで独立したローラ、小さな田舎のネズミの人生の新しい章です-彼女の現代の世紀末の友人が彼女を呼んでいるように-その自然生息地はいつも私たちがその素晴らしい中で初めて出会った森と野生の自然でした キャンドルフォードトリロジー。

カツオドリ

カツオドリ

著者:アンヌ・エベール
翻訳:Luisa Lucuix Venegas
出版社:Impedimenta

Losalcatracesは 英語を話す小さなコミュニティの残酷で近親相姦の世界、フランス語を話すカトリックの波に押しつぶされました。 1982年のフェミナ賞、この小説は犯罪と野蛮を特徴とする致命的な災害との再会です。 エベールの複雑で詩的な宇宙への招待。

31年1936月XNUMX日、XNUMX人のティーンエイジャー、 オリビアとノラ・アトキンス、彼らは姿を消す 暗闇が一定しているように見えるカナダの町、グリフィンクリークにあります。 彼らの美しさにうらやましく、彼らの道は野生のビーチで失われます。 少女たちのイメージが海の風景に溶け込み、風が悪天候をまき散らし、禁じられた不吉な痕跡が打ち寄せる、解き放たれるのに最適です。 彼の不在は偶然の結果であることがすぐに除外されます:不幸は長い間陰気になってきました。 登場人物の声といくつかの手紙を通して、私たちは、大惨事がコミュニティを根本的に混乱させ、伝統と悪化した宗教カルトで凍結する止められないプロセスを目撃します。 そして、ケベックの小さな町の運命は、取り返しのつかないほど神の設計の影響を受けているように思われるということです。

これらの文学ノベルティのうち、最も読みたいものはどれですか。 私のようにあなたがそれらすべてを欲しがっているのはあなたに起こりますか? ベジアでは毎月いくつかの文学ニュースをあなたと共有し、先月それを捧げたことを忘れないでください 孤独を扱う作品。 あなたがそのトピックに興味を持っているなら、それらをチェックしてください!


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。