ヴィンテージvsレトロ:装飾の違いを知っていますか?

ヴィンテージvsレトロ

今日はヴィンテージvsレトロの最前線に立つ。 それらは私たちがほとんど常に一緒に使用するXNUMXつの用語だからです。 少なくとも、私たちはそれらが同義語であることを知っていますが、真実はあなたが知っておくべき他のいくつかの違いがあるということです。 どちらも、装飾の面で優れた選択肢としての地位を確立しています。

このように、 ヴィンテージの家が必要な場合は、最初にレトロな空間との違いを知る必要があります。その逆も同様です。。 それはあなたが常にそれを正しくすることができる唯一の方法です。 今日から、あなたはそれぞれの単語をもっとよく知るようになり、考えられるすべての疑問を払拭するでしょう。 あなたは今知りたいですか?

ヴィンテージとは?

他の多くのように装飾の世界に焦点を当てることはできますが。 ヴィンテージの家具や電化製品は、古代に属するオブジェクトです。 しかし、それを古代と呼ぶには十分ではないのは事実です。 したがって、それらをヴィンテージと呼ぶには、少なくとも50年前のものである必要があります。 したがって、主人公であったすべてのオブジェクトを振り返って再利用することは、過去にうなずきます。 たとえば、60年代やXNUMX年代など、その意味での素晴らしさは何度もあります。 あなたの祖父母からの昨年の何かが本当にあなたの家に保管されているなら、あなたはヴィンテージの家具を持っています。 それは当時の典型であり、その製造も同じだったからです。

ヴィンテージドレッシングテーブル

レトロとは?

家具や物をレトロと呼ぶのはいつですか? もちろん、先験的にヴィンテージについて考えることは確かですが、違いはありません。 それは、私たちが前に述べた過去への回帰であり、素晴らしいアイデアの黄金の数十年ですが、今日製造されているアイテムがあります。 つまり、昔のデザインの冷蔵庫を買うことができますが、今日作られている場合は、レトロでヴィンテージではありません。 したがって、その製造時期は、どちらに名前を付けるかについての手がかりを私たちに与えるものです。 もちろん、家具のベースを持っていてもそれを復元した場合、家具自体はすでに数十年前に製造されているため、それはまだヴィンテージになります。

ヴィンテージvsレトロ

ヴィンテージvsレトロの場合、最初のものが素晴らしいオリジナルであるという事実に言及すると言えます。。 それが装飾スタイルの基本です。 XNUMXつ目はクラシックなスタイルですが、外観のみで、ルーツはありません。 したがって、すべてのヴィンテージは常に非常に需要があります。 それは一般的に文化、ライフスタイル、歴史に属しているからです。 あなたの家にこのようなものがあるなら、あなたはそれにあなたの個人的なタッチを与えて、最も独創的な方法で飾ることができるので、幸運を感じてください。 ヴィンテージのものを手に入れるのではなく、お土産やコレクションとして欲しいという人が多いのは事実です。 これは、その大きな価値によるものであり、おそらく感傷的なものになる可能性もあります。

レトロとヴィンテージの意味

最も価値のあるヴィンテージ家具

装飾では、ヴィンテージの家について話すことができるように、常に多くのオプションがあります。 一方では、月とリビングルームまたはダイニングルームの家具があります。 確かに今のようには見えませんが、新しい色を付けても維持できる彫刻仕上げが施されています。 トランクは完全に装飾的であり、どの部屋にも適応するため、見逃すことのできないもうXNUMXつのオブジェクトです。 客室エリアとエントランスホールの両方で、喜んでお迎えいたします。 違いが明確になったので、すべての部屋に適応させることができます。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。