背中からにきびを取り除く方法

背中のにきびを取り除く方法

穀物は、人生のどの段階でも皮膚の主な敵です。 あなたは若い頃ににきびに苦しんでいたかもしれないし、そうでなかったかもしれません。 しかし、これはの外観とは何の関係もありません 成人期の問題のある領域のにきび. ホルモンの変化は、これらの迷惑な訪問者の原因であり、正しく治療されない場合、皮膚に跡を残す可能性があります。

にきびやこれらによって引き起こされる跡のない美しい背中を披露するには、以下に示すような一連のガイドラインとヒントに従う必要があります。 遺伝学とホルモンの変化がこの皮膚の問題に介入する要因だからです。 しかしながら、 悪い習慣によって引き起こされるより複雑な要素があります それは内外の健康を害します。

背中にニキビができるのはなぜですか

ファーストフードと肌の問題

背中ににきびがあると、重大な自尊心の問題を引き起こす可能性があります。一見したところ、にきびは煩わしく、これらの欠陥で肌を見せびらかしたくないからです。 解決策を見つけるために、最初にすべきことは原因を見つけることです したがって、根からそれに取り組むことができます。 しかし、皮膚科医の診療所に行くことは決して痛いことではないので、最初に思われるよりも大きな問題があるかどうかを判断するのは専門家です。

背中のにきびは、人生のどの段階でも男性と女性の両方に影響を与える可能性がありますが 多くの場合、それは思春期に影響を与えるものです. 思春期は、とりわけ、ホルモンの変化、皮膚の問題を引き起こす不均衡に悩まされています。 背中、肩、腕は、この領域の皮膚が厚いため、特に皮膚の問題を起こしやすい領域です。

遺伝的およびホルモン的要因に加えて、 背中のにきびの他の一般的な原因:

  • 悪い餌:特に トランス脂肪を含む製品の大量消費 糖分が多いです。
  • 不衛生:原因の原因 毛穴の詰まり その結果、背中ににきびができます。
  • いくつかの薬: 何 コルチコステロイド、一部の精神病薬および てんかんに対する薬。

背中からにきびを取り除く方法

背中からにきびを取り除く方法

背中のにきびを完全に取り除くには、 根本的な問題を治療するための習慣の変化から始めます. あなたの食事療法、工業用ペストリーおよび過剰な砂糖を含む食品から非常に脂肪の多い製品を排除してください。 果物、野菜、自然食品の摂取に基づく食事は、肌の外観を改善するのに役立ちます。

食物に加えて、あなたは皮膚に不純物がないように保つために極度の衛生状態をとらなければなりません。 あなたが背中ににきびを起こしやすい人なら、 運動後はすぐにシャワーを浴びてみてください またはあなたが通りで汗を流した場合。 シャワーでやさしくスクラブすることもできます。皮脂が過剰に生成されないように、背中の肌に潤いを与えることを忘れないでください。

すでに背中ににきびがある場合は、これらの自然療法を試すことができます 後ろからにきびを取り除くために。

  • ティーツリー油: それは 天然消毒剤 肌の治療に非常に効果的です。 あなたはただ治療される領域に綿球の助けを借りて数滴を適用する必要があります。
  • はちみつ:以来、最高の自然療法のXNUMXつ ハニー 抗菌性があります. 治療する部分に蜂蜜の層を塗り、約10〜15分間そのままにしてから、温水でシャワーを浴びます。
  • アロエ:角質除去トリートメントを施した後は、肌に十分な水分を補給する必要があります。 このためには、強力な天然保湿剤であることに加えて、天然アロエベラを使用するよりも良いことはありません。 アロエには癒しの性質があります.

化粧品および皮膚科治療

家庭薬は効果的ですが、 非常に一定であり、多くの忍耐力を持っている必要があります 特に最も深刻なケースで結果を確認します。 したがって、それらは常にあらゆる医学的または審美的治療を補完するものとして使用されるべきです。 あなたが速く、効果的で、そして決定的な方法であなたの肌の状態を改善することができるように、専門家の相談に行ってください。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。